レーシックよりも老眼に効果のある視力回復方法

レーシックを受けた私の体験談


近年レーシック手術が話題になっています。
30分程度で老眼や近視が治る視力回復法として人気が上昇し、多くの人が受けています。
私も口コミにつられてやってみたのですが、今思えばそれよりも前に
トレーニングをやっておくべきだったと後悔しています。


そこで今回は私のレーシック体験談を交えながら費用や効果などの情報を書いていきます。
レーシックをやる前に是非読んで頂きたいと思います。



レーシックの費用と保険


レーシックを受けてみたい人が増えると共に、手術サービスを提供する病院も増加しています。
そこで発生したのが価格競争です。最近では10万円を切るところもあるくらいです。


しかし安ければいいというものではありません。
目を切り開くのですから信頼できる病院を選ばなければなりません。
決して費用に釣られないでください。


また国民健康保険ではレーシックに保険は適用されません。全額負担です。
個人で加入しているケースは稀に適用される保険もあるそうなので、問い合わせてみると良いでしょう。



レーシックの効果


レーシックはとても短時間で終わって楽なのですが、その後が問題です。
まず最低でも24時間は暗闇の中で生活することになります。


というのも、手術後の目を慣らすために24時間は専用のサングラスやガーゼでがっちりと光をシャットアウトします。
事実上どこにも出掛けられませんし、一人暮らしや社会人の方は長い休みを取り、
しっかり事前に準備しておかないと大変なことになります。


ガーゼを取ったあとは光を眩しく感じますが、確かに老眼が回復していました。
視力を測ったら1.5になっていました。今まで0.2くらいだったので劇的な改善です。


老眼が治って喜んでいたのですが、問題はここからでした・・・。


たった数カ月で元の視力に戻ってしまったのです。
つまりレーシックの費用や時間がすべて無駄になりました。もう一度やる気力は残っていません。


これが私のレーシック体験談です。



視力回復トレーニングとの出会い


15万円かけたのに無駄になってしまい、凹んでいたのですが「視力を回復したい!」という想いは残っていました。


Yahooで調べてみたら安全性の高い視力回復トレーニングがあることを発見しました。
危険性やリスクがないことに魅力を感じました。





どうやら近視や老眼や目の焦点を動かす筋肉が凝り固まってしまうことが原因のようです。
近くの物を見続けていると焦点を動かす必要がないため、筋肉が弱くなっていくわけですね。


「1時間ごとに遠くの物を見ると良い」と言われているのは、ある意味筋トレなのです。


視力回復トレーニングでは積極的に目の筋肉を動かしていきます。
平行法や交差法なんて言葉に聞き覚えのある方もいらっしゃるかもしれません。
レーシックと同じくらい効果があると巷で有名です。


早速やってみた私の感想は「レーシックをやる前に視力回復トレーニングをやるべきだった!」です。
本当にレーシックの費用が無駄に思えてなりません。


視力回復トレーニングの魅力は次の3つです。

・安い
・自宅で好きなときにできる
・本当に効果がある


1日10分続けているだけで、私の視力はまた1.5まで回復しました。
レーシックを受けようと悩んでいる人がいたら、「その前にトレーニングをやってみて!」と説得したいくらい良いものです。

私がオススメする視力回復トレーニングの詳細はこちら


2ch まとめ ツール | MAC DVD コピー | Youtube アニメ まとめ | SEO 診断 ツール